生きていれば、困難と感じる出来事に遭遇し、思い煩い苦しみを感じることはあるでしょう。そんな時、誰か何かとの出合いによって楽にな

った経験はあるかもしれません。

 

でも、頭では理解していても繰り返してしまうことや、気づけばいつも似たようなことで苦しんでいる、そんな自分を責めたり嫌ったりして

困ってはいませんか?

 

私達の身体は、それ自体が生きるための資源です。

 

身体は、様々な臓器や骨・筋肉・血管等でできています。それと同じように、心の内にも様々な存在がいるのです。

それぞれ役割をもった、色んなタイプが存在しているのです。

 

 

臓器や器官は、それぞれ役割を持ちながら互いに関係し、生命活動を維持しています。

そこには、誰かが誰かを追い払うことなく争いはありません。

 

同じように心の内の存在達も、良い悪い、好き嫌いと分断したり排除することを止め、互いの存在を認め、共に居ることを試してみます。

 

評価や判断から離れ、マインドフルネスに身体を通して、いまここを体験するプロセスによって、バラバラであった存在はエネルギーとして

流れだします。

 

 

そのためには、あなたの思いや感情の加工を求められる場ではなく、そのまま、ありのまま、自分で自分を体験してみようとする場が必要です。

それを試すことで、ずっと続けてきた心の内の争いから、いつの間にか解放されていくことでしょう。

 

それは、まるごとのあなたで、そのままに生きられる自由であり、深い癒しでもあります。

 

変化の時に目を向け、問題の解決を目指したい方、自己成長を望む方のお力になれれば嬉しいです。