blog

2018/12/07

ジャッジしない生き方

ジャッジしない生き方

自分にジャッジしないで生きるって難しいと感じます。

 

人は、自分の言動について良いか? 悪いか?好きか? 嫌いか?正しいか? 間違っているか?

の判断をして日々、過ごしています。

 

こうじゃなきゃ駄目!っていう自分の中の判断基準。

 

それは一見、社会の基準にのっとっているように見えて、実は自分の中だけの事だったりもする。

 

自分の中の基準に沿うことは何より安心。

特に今までそれで困ったこともないし、皆と同じで間違いもなさそう。

それをしていれば、まあ何とか社会には適応しているしね。

自分を必要とされているという承認欲求も満たされているし・・

 

 

でも、その基準って、本当に自分で決めた基準なのだろうか?

 

誰かに言われたり、勝手に空気を読んで学んできた基準だとしたら?

 

 

長い間に、自分で作り上げてきた基準は、案外、親や周囲から刷りこまれてきた事だったりする。

 

人には優しく、人が嫌がることをしない、人に迷惑をかけない・・・とかね。

 

こういうことができない人を、目の当たりにした時に、強い怒りを感じる方は、

自らの意志でなく、他者からの教えを、今でも忠実に守ろうとしている、可能性があるかもしれませんね。

 

自分が、したいからするのであれば、何も人に同じことを求めなくても良いわけです。

 

また、自分の中の見たくないものを、無意識に相手に映し出してしまうということもあります。

 

どちらにしても、相手に怒りを感じる時点で、自分にジャッジしているんです。

だから相手にも〇か×かを出したくなるんですよね。

 

 

あなたの中の基準って何ですか?

あなたの価値観って?

 

それは、本当にあなたが大切にしたいと思っていることでしょうか?

2018/12/06

価値観

価値観

年齢を重ねても、若々しくて素敵な女性って、自分軸をもってる人だと、最近気がついた。

 

時間は流れ、時代は変わる・・・

 

自分を取り巻く環境も、何より自分自身も、知らない間に変化している。

 

年齢を重ねて体力や外観はそれなりに変化していくけれど…

生理的な変化は受け止めながら自分と仲良く楽しんで生きること。

 

そのためには、今までの価値観なんて、案外 周囲から取り込んだ自分にしっくりこないものだったと気づくかもしれない。

むしろ、生きた経験と共に価値観は、変化していくのだと思う。

 

幾つになっても変化できる勇気、変化を楽しめる人って素敵です!

 

忘れっぽくなるのは、神様からの贈り物 過去に囚われ苦しくないように・・

 

体力が落ちるのは、先を考えすぎて何もしない前に、今やりなさい というメッセージ。

 

今を丁寧に生きるために、送られるプレゼントなのかもしれない。

 

変化しながら成長できる、可能性にワクワクしながら、素敵に日々を過ごして生きたいと思う私です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10