blog

2022.08.15 (Mon)  22:13

怒り 祈り

悪いものとして排除されがちな感情の1つに怒りがあります。

 

怒りを向ける人も、向けられた人も、突然現れる怒りには太刀打ちできないかもしれません。

それだけ怒りは強い力を持っているのでしょう。

 

怒りを持つこと自体は悪いことでもありません。

ただ、自分が怒りそのものになってしまうと、相手を傷つけ自分をも傷つけてしまうことになります。

 

身体は知っています。

怒りが現れる意味を。

 

ゲシュタルト療法には、怒りになってみるというワークがあります。

何故、怒りが起こるかを分析したり、怒りについて話すのではなく、

怒りを忌み嫌わず、興味を持って接し表現してみます。

「怒り」そのものになってみる、と何が現れるか?実験してみるのです。

 

また、フォーカシングのように、少し時間をとって怒りと共に佇むと、内にどんな感じが起こるのか?

興味を持って注意を向けてみます。

 

評価や判断、解釈などの考えが浮かんで来たら、それはそのままに、身体はどう感じているか?に焦点をあて直してみます。

 

 

怒りを表現することに抵抗を感じる方もいるでしょう。

怖い、格好悪い、恥ずかしい、馬鹿馬鹿しい、などの気持ちや感情が湧くかもしれません。

それはそれで、大切なあなたの気づきなのです。

 

その場で現れるものをけして無いものにせず、マインドフルな姿勢で関わる場。

 幾層にも重なった心の内に、ゆっくり触れていく体験です。

そのままありのまま、現れるものに、ただ気づき、出会っていく過程で起こる力を信頼したセラピーを行っています。

 

 怒りは、一体、あなたに何を伝えたいのでしょうか?

 

 

 

怒り 祈り
Today's Schedule