心理療法

良く用いる心理療法

 

今、ここでおこる身体の感覚や感情に気づきを向けることで、断片化された自我のコミュニケーションを促し、統合へ導くゲシュタルト療法。

 _20190305_170148.JPG座布団や椅子を使った、ゲシュタルト療法の、代表的なエンプティチェアのワーク

 

身体の感覚を手がかりに、感情になる前の存在から隠された感情を見つけだしたり、感情と間をとる事で自分の気持ちを客観的に捉え、よりよく自分を理解できるようになるフォーカシング。

 

 

出来事や状況の捉え方によって、ストレスの軽減や問題の解決に導く認知行動療法。

 _20190305_172124.JPGホワイトボードを使って、わかりやすくお話します。

 

 

人間の五感に注目する事で、神経プログラムの書き換えにつながっていくNLP。

 

 

今、ここで起る事を意識的に観察し感じることに、評価も判断もせず、そのまま受け止める練習としての「マインドフルネス瞑想」

 

 

感情のためのツボ療法とも言われ、気持ちを落ち着かせ、気の流れを戻す「EFT」

 

心と身体のつながりを通して、問題の解決や、自分の人生を自分らしく生きていく力が育つようになります。

いずれも、あなたが無理することなく、本来のあなたに気づくことで、楽に生きれるようになるためのセラピーです。

 

身体の声を聴きながら、ありのままに起こる今をそのままに体験する、

マインドフルネスな姿勢で繋がる、更なる世界を発見できる可能性も秘めています。 

 

 <学生の方>

学割もあります(18歳未満の方は保護者の同意が必要です)

詳しくは、お問い合わせください。

 初回5000円、継続3500円